上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ライトノベル作品「涼宮ハルヒの憂鬱」
見た事はないにしろ名前を聞いた事ある人は多いと思います。
同作品の中に「ミステリックサイン」というお話があるのですが、なんとこの話の設定。
スッポリそのままデジモンに当て嵌める事が出来るどころが、当てはめた事でデジモンに隠された謎というものがすげえええよく理解できてしまうという回だと、アニメでこの話を見た時から思っていました。
↓以下から語っていきます。↓

はい、というワケでこの「ミステリックサイン」の話の内容をザックリ話しますと、
主人公涼宮ハルヒ率いるSOS団という部活に某事情でよく敵対してくるパソコン部の部長さんというキャラがいて、その部長さんが突如学校へ来なくなり、家へ捜索しに行ったら部長の姿はなく、机に電源の入れっぱなしとなったパソコンにSOS団のHPに表示されたハルヒ作のSOS団のサインが。

そしていきなり一面砂漠の別世界へと飛ばされたSOS団のメンバー達。
そこに巨大なカマドウマが現れそれを倒したら部長倒れて発見されて救出し元の世界へ帰る。

っとザッと話しすぎてよくわからないかもしれませんが^^;
この時点でちょっとでじもんあどべんちゃーなヴァイブスが感じられるワケですが、
これの詳細は以下を↓

涼宮ハルヒの分析 (異常空間(カマドウマ))

を見てください(手抜きとか言わないd)

ようは情報生命体っていう生物がいたんだけど、自分の生きる場所がなくなり、冬眠してたんだけど、
ネットワークの進歩によって生きる場所ハケーン。
人間の頭の中の情報を具現化して成長、この世と別階層に自分達の世界を創造。

こんな感じです(めっちゃざっくり)



つ・ま・りこれをデジモンに例えると、
情報生命体という生物が太古の時代に地球に存在した、か違う星で暮らしていたいたが住む場所がなくなったため地球にやってきてその日が来るのを待っていた。と。

そしてネットワークの発達によって情報生命体が 生きる所=ネットワーク世界 を発見!
コンピュータウィルスに寄生。本体がデジコア(情報生命体)で外郭がプログラムなのかな。
人間の頭の中やネットに流れる情報を得て進化。
自分達の暮らすDW設立みたいな。

んで、イグドラシルは全デジモンのマザー、もしくは情報生命体を運んだ宇宙船みたいものとか、
存在確率の低下で絶滅しかけた情報生命体最後の生き残りというか。


言いくるめとこれ"デジモン宇宙人説"なワケですw

デジモンはパートナーの内面が現れるという設定も↑のリンクを見れば納得できるわけですが…。



絶対ハルヒの原作者、谷川先生はデジモンに影響されてこの話思いついたとしか思えないのは過剰なんすかね??ww

どにらせよデジモンの正体の公式発表(ないと思う)の前にこういう設定を出されてしまったのは個人的にモヤモヤして嫌な感じです。



なにはともあれ、今書いてる短編にそのまま適応できそうな設定なので、↑のを採用したいと思います。
(しかし元ネタがあるのであくまで脳内設定だけで)
でもブログで公開してるだけでもう公にしちゃってるよね!
パクリじゃないんだからn

アニメを見た時からずっと思ってた事なのですがようやく発表出来てよかった。
ものっそ眠いので文章がとんでもなく手抜きなうえにカオスなのは十分承知なのですがお許しを。

簡単に言うと上記リンクの話をデジモンに置き換えてくれって言ってるだけです!

興味が湧いた方は是非アニメか小説をお読みください!
丁度今再放送やってるしね!!


自分もそれ脳内設定に加えたいという人は是非^^;

ではでは。

コメントの投稿

非公開コメント

ハルヒ未見だけど似たようなこと考えていましたよ、「デジモン宇宙起源説」。ネタとしては面白いんじゃないかと思ってこそこそ暖めていましたが、似たような設定を思いつく人はやっぱいるもんなんですねぇ。また一つネタが使えなくなった…

Powered by FC2 Blog 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。